顎ニキビの薬

薬局

 

 

顎ニキビがなかなか治らないという人に、顎ニキビに効果があり薬局で売っている市販薬(塗り薬)を紹介します。

 

ニキビ用の市販薬となると、ニキビケア用の化粧品や化粧水より効果が強くなってくるので使用には注意が必要ですが、クレアラシルやオロナイン軟膏など一般的な薬であればさほど副作用の心配をする必要はないでしょう。

 

でも、ここで紹介する薬は、医師も参考にするニキビ治療ガイドラインにより病院の皮膚科などで使われる薬に似ているものになりますので、使用時には注意してください。

 

まずは、皮膚科などの医師も参考にするニキビ治療ガイドラインに書かれている塗り薬を推奨度の高い順番に紹介します。

 

皮膚科で行われる治療で良く使われる順番という事になるので、顎ニキビの薬ランキングという事もできます。


顎ニキビの皮膚科での薬や漢方薬

顎ニキビで皮膚科に行くと出される薬には次の様な薬があります。

 

  1. アダパレン
  2. クリンダマイシン(抗菌薬)
  3. ナジフロキサシン(抗菌薬)

 

この他に、選択肢の一つとして次の薬があります。

  • イブプロフェンピコノールクリーム
  • イオウ製剤

 

 

塗り薬のほかに、サルチル酸マクロゴールやグリコール酸によるケミカルピーリングや、漢方薬として、荊芥連翹湯、清上防風湯、十味敗毒湯があります。

 

 

これらの塗り薬は医薬品になり、当然効果も高いですがその分副作用など使用には注意が必要になるので医師のもとで使用するのが普通です。

 

そうなるとこれらの薬に似ている物は市販されていないのか?と思う人もいるでしょう。

顎ニキビの市販薬

ではこれらの医薬品に似ている市販品を表にしてみましょう。

 

医薬品名 似ている市販薬
アダパレン ディフェリンゲル(海外輸入のみ)
クリンダマイシン ダラシンTゲル(現在はジェネリックしかない)
ナジフロキサシン レチンAクリーム(海外輸入のみ)
イブプロフェンピコノールクリーム ペアアクネクリーム
イオウ製剤 顎ニキビ(大人ニキビ)にはオススメできません

 

薬局やドラッグストアーで市販されているのはペアアクネクリームしかなく、他の同様な薬は海外輸入に頼るしかありません。

 

海外輸入品を販売しているサイトもありますが、効果の高い医薬品はどんな副作用があらわれるかわかりませんし、ステロイドが含まれている物もあり使用には注意が必要となるので、海外品の販売サイトは記載しません。

顎ニキビと殺菌剤

また、ニキビの原因と言えばアクネ菌ですがこのアクネ菌を殺すタメに抗菌剤があります。

 

しかし、抗菌剤を使い続けると菌に耐性がつき効果がなくってしまうので、すぐに顎ニキビを治したい場合など早急な場合の一時的な対処として考え、顎ニキビのように繰り返しできる大人ニキビは継続してケアを行う必要があるので、あまりオススメできません。

 

しかし10代などの若い人にできる思春期ニキビには効果を発揮する可能性は高いです。

 

実際に思春期ニキビに人気の商品にエミオネがありますが

 

顎ニキビ エミオネ

 

緊急用とうたっているのは、エミオネに殺菌剤が入っているからだと思います。

 

もちろんエミオネには殺菌成分のほかに、ニキビケア用品の定番成分や美容液に似た保湿成分も入っているので、思春期ニキビ以外にも、繰り返し顎ニキビができるワケではなく、突然急に顎ニキビができたのでひとまず何か対策をしたいという人には、値段も安いので良いかも知れません。

 

 

またそう言った状況も考え、エミオネには洗顔料と乳液もセットになったエミオネプレミアムケアセットもあり、これだと殺菌剤を使った後のケアも出来るので顎ニキビにも良いでしょう。こちらも初回0円(無料)とお得な価格設定になっています。

 

 

顎ニキビの薬を考えるには、次の様に顎ニキビの原因をわけて考える必要があります。

 

10代などの思春期ニキビは皮脂が大量にでている所に汚れなどで毛穴がふさがりアクネ菌が増える。
顎ニキビ(大人ニキビ)は皮膚の乾燥や不規則な生活により肌のターンオーバーが乱れる。

 

 

顎ニキビケア用品のランキング評価ページを見る