パルクレール美容液の評価と購入方法による違い

パルクレール美容液

 

 

美容にこだわったメーカーのパルクレールが出しているパルクレール美容液のポイントは次の6つです。

 

  1. 薬用の高濃度美容液になっている
  2. パルクレール美容液は99.4%が美容成分
  3. 無添加のニキビ用美容液
  4. カラーコントロールでニキビを消す(隠す)
  5. 返金保証は全額で永久的に可能
  6. あなた専用のニキビコンシェルジュがいつでもサポート(通話料無料)

 

パルクレール美容液はちょっと変わった方法というワケではなく、ニキビケアの基本を抑えた美容液ですがその中でも成分はよりすぐりの物だけにしぼり、成分の数を減らすかわりにその成分の量を増やす方法を取っているので高濃度美容液と宣伝されています。

 

またカラーコントロールにより一日中ニキビケアができる方法も取り入れているのもパルクレール美容液の特徴で、カラーコントロールの成分もニキビと美容に最適な成分になっているので、これらをあわせるとニキビケアに強力な美容液になります。

 

 

ニキビやニキビ跡が気になっているのに今までやったケア方法では満足できなかったアナタにも、パルクレール美容液は強い味方になり、ニキビが治った後でも乾燥を防ぎ美容目的で使用できるのがパルクレール美容液です。

 

このパルクレール美容液を他の製品との違いも見ながら評価し、使い方や購入方法までをまとめて紹介します。


パルクレール美容液の基本を守った成分

パルクレール美容液の全成分です。

 

有効成分 その他の成分
水溶性プラセンタエキス ヒアルロン酸ナトリウム(2)
グリチルリチン酸ジカリウム アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
加水分解ヒアルロン酸
カモミラエキス(1)
ダイズエキス
ツボクサエキス
オウゴンエキス
イタドリエキス
d1-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩
ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸ソルビタン(20E.O.)

 

パルクレール美容液の成分に特別変わった成分があるワケではなく、他のニキビケア用品にも良く使われる成分が多く使用されていますが、これらの成分を見ていくとパルクレール美容液のこだわりが見えてきます。

パルクレール美容液と似ている化粧品もある

パルクレール美容液の有効成分は水溶性プラセンタエキスと、グリチルリチン酸ジカリウムです。

 

同じ有効成分の他の商品

この有効成分は顎ニキビ化粧品のジェルでいうと、ズバリ「メルライン系」という事になり、このサイトで取り上げているいる商品だけでもパルクレール美容液と同じ有効成分になっている物があります。

 

【この2つを有効成分にしているジェル】

  • メルライン
  • ピュアレーヌ
  • ラシュレ
  • バジーフロンゲル

 

違いがあるのはその他の成分

そうなると違いは「その他の成分」という事になりますが、メルライン系の物はその他の成分もほぼ同じなので、その中でも一番多くの成分を配合しているピュアレーヌとパルクレール美容液の成分の違いを比較するとその違いはほんの少しだけです。

 

乳化剤・界面活性剤を除くとパルクレール美容液の違いは次の成分になります。

 

  • ダイズエキス
  • ツボクサエキス
  • オウゴンエキス
  • イタドリエキス
  • d1-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

 

つまりパルクレール美容液の特徴はココになるので、これらの成分の効果を知っておいた方が良いでしょう。

 

パルクレール美容液だけの効果

パルクレール美容液と似ている顎ニキビケア商品があると言う事は、それらと同じ効果はパルクレール美容液でも得られるという事になります。

 

パルクレール美容液はこれらの成分の他に他の商品とは違う成分があるので、これがパルクレール美容液ならではの効果という事ができます。

 

ダイズエキス

ダイズエキスで注目しておくところは、イソフラボンが含まれているところです。

 

イソフラボンといえば女性ホルモンに似た作用がある成分で、ツヤと弾力のある女性らしい肌作りをサポートし皮脂の出過ぎもおさえる事ができます。

 

また炎症を抑える作用や保湿作用のほか、紫外線から肌を守る作用もあります。

 

この他にサポニンやアミノ酸も含まれ、抗酸化作用によりエイジングケアにもなります。

 

ツボクサエキス

ツボクサエキスも炎症をおさえる作用があり、あわせて肌を修復する作用もあります。

 

コラーゲンの生成や肌のターンオーバーを促進し抗菌効果もあるのでニキビにピッタリの成分です。

 

オウゴンエキス

オウゴンエキスも炎症をおさえる成分で有名な成分です。

 

美白効果や抗酸化作用に、肌を引き締める作用や保湿作用でニキビケア製品に良く使われる成分です。

 

イタドリエキス

イタドリエキスも炎症をおさえますが、毛穴の引き締めなどでよく使われる成分で保湿効果も高いです。

 

d1-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

パルクレール美容液は医薬部外品なのでこの様な複雑な名前になっていますが、これが化粧品だと(アスコルビル/トコフェリル)リン酸Kと表示されます。

 

つまりビタミンCとビタミンEを合体させた成分です。

 

パルクレール美容液は高濃度

またピュアレーヌと比べるとパルクレール美容液の方が含まれる成分の数が少ないですが、その分含まれる量が多い事になるので成分一つ一つが高濃度に含まれているという事になります。

 

効果を高めるカラーコントロール

パルクレール美容液のカラーコントロール

 

「炎症を抑える」「保湿効果を高める」「肌の酸化を防ぐ」成分の数をしぼり、選ばれた成分の量を増やしているパルクレール美容液ですが、この他に普段のメイクの仕上がりをサポートするカラーコントロールというものが別に用意されています。

 

このカラーコントロールにはビタミンC・ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・アラントインが含まれ、これだけでもニキビケアとして使える成分配合になっています。

 

パルクレール美容液のカラーコントロールの成分

 

カラーコントロールにより化粧をしている最中もニキビケアができ、ニキビをケアする成分でニキビを隠しながらメイクができるので、仕事をしている人には心強い味方です。

 

またクレーターになっているニキビ跡を隠しながらケアするといった事にも有効な手法になります。

 

 

カラーコントロールはファンデーションの前に使うので、朝・夜だけでなく一日中ニキビを隠してニキビケアができます。

 

このケア方法ができるのもパルクレール美容液の強みで、他のニキビケア用品でこの様な事ができる物はありません。

パルクレール美容液は背中やデコルテにも使用可能

パルクレール美容液は顔だけでなく、背中やデコルテにも使えます。

 

パルクレール美容液の使い方

使い方は1プッシュだして気になる部分、2プッシュだして顔全体に浸透させるかんじです。

 

気になる部分は重ね塗りをするのも良いでしょう。

 

パルクレール美容液の使い方

パルクレール美容液の販売店と購入方法

パルクレール美容液は店舗や薬局などで市販はされていないので通販での購入になります。

 

通販では公式サイトの他に楽天やamazonでも販売されています。

 

しかし各々の販売店で値段も含め違いがあるので、その違いは知っておいた方が良いでしょう。

 

amazonでの販売

amazonでは1本¥4,450で送料は無料です。

 

楽天での販売

楽天市場にはパルクレール楽天市場店があり、1本¥8,100の送料¥648で販売されていますが、定期購入での購入もでき定期購入だと¥5,200(税抜き)送料無料でカラーコントロールが付いてきます。

 

カラーコントロールは定期購入時にしかついてこないので、amazonで販売されている物には付いてきません。

 

公式販売

公式サイトでの販売も楽天市場店と同じ内容と値段で販売されています。

 

 

楽天市場店と公式サイトの違い

値段が同じとなれば、楽天市場店と公式販売サイトでは何が違うの?という話になりますがちゃんと違いはあります。

 

まず支払い方法ですが、クレジットカードと代金引換(手数料¥432)はどちらの販売店でも使えますが、公式販売サイトではさらに後払いが使え手数料は¥250になっています。

 

また最大の違いが何日使っても自分にあわなければ永久に全額保証がつくところです。

 

パルクレール美容液の永久返金保証

 

楽天でパルクレール美容液を探す人も多いかも知れませんが、全額返金できるのは公式販売サイトでの購入だけということに気づいている人は少ないかも知れません。

 

公式販売で定期購入すると、カラーコントロールも付く上に永久に全額保証もつきます。

 

カラーコントロールは¥2,500相当の値段の物なので、パルクレール美容液の実質の値段もグッと下がりコスパが高いと言えます。

 

 

パルクレール美容液はオールインワンのパルクレールジェルの使用者がそのまま美容液も使うパターンが多いのか、ネット上にパルクレール美容液の口コミは少ないですが、公式販売サイトで口コミを見ることができます。