シャボン玉石鹸は代表的な無添加石鹸でニキビにも使えます

シャボン玉石けん ベビーソープ

 

 

シャボン玉石けんと言えば無添加石鹸で有名で、製造する会社名もシャボン玉石けん株式会社というほどの昔から無添加石鹸を作っているメーカーです。

 

無添加石鹸と聞けば、それなら他のメーカーにもあるのでは?と思いがちですが、着色料や香料のどれか1つでも含まなければ無添加と言っている石鹸もあり、成分をよく見ると合成界面活性剤が入っていたりします。

 

天然の界面活性剤ならまだしも合成界面活性剤だと肌に良くないと言われたりしますが、全てが悪いワケではありません。

 

しかし無添加と言っている石鹸に合成界面活性剤が入っていると、本当に無添加と言えるのか?という事になります。

 

この点、シャボン玉石けんは本当に無添加で、成分は石けん成分(石ケン素地)だけの石鹸で、肌に優しいのはケン化法という製法で石鹸が作られているからです。

 

このシャボン玉石鹸は無添加の固形石鹸と泡タイプの物がありますが、実は顎ニキビにも使える石鹸です。

 


シャボン玉石鹸のケン化法

シャボン玉石けんが採用している石鹸の製造方法のケン化法とは、昔ながらの釜炊きで石鹸を作る製造方法で、この製法だと天然油脂に含まれる保湿成分が少し残るので、洗顔後のツッパリ感がなくお肌がしっとりとするのが特徴です。

 

このこだわりの製造方法のタメ、シャボン玉石けんが出来上がるには1週間かかるそうで手間をかけて作っているのがわかります。

 

 

石鹸を自分で作った事がある人はわかると思いますが、本当の無添加石鹸はごまかしが効かないので安定して作るのが難しく、今では省力化や自動化が進みこのケン化法で石鹸を作っている会社はほぼありません。

 

しかし、シャボン玉石けんは今でもこのケン化法で石鹸を作っていてこだわりのある石鹸になっています。

 

シャボン玉石鹸がこだわる理由

まぜそこまでこだわっているのかと言うと、合成洗剤の製造販売をしていたシャボン玉石けんの先代の社長が原因不明の湿疹に悩まされていた時に、偶然今のJR(旧国鉄)から無添加石鹸の製造を依頼され、その無添加石鹸を使って見たところ自分の湿疹が治ったので、湿疹の原因が今まで自分が作っていた合成石鹸ではないか?と考え、体に悪い物を売るわけにはいかないと、その時から自社の石鹸を全て無添加石鹸に切り替えたという面白い話が残っています。

シャボン玉石けんと顎ニキビ

そんなシャボン玉石けんが良さそうな石鹸だという事は感じたと思いますが、では顎ニキビに対してどうなんだろう?という話になります。

 

このシャボン玉石けんを取り上げるという事は、当然顎ニキビにもオススメできるという事なのですがその理由は本当の無添加だから。というだけではありません。

 

このシャボン玉石けんの石鹸は洗顔石鹸、浴用石鹸、ビューティーソープなど他にも種類があり、そのどれもが無添加石鹸なのですが、その中に赤ちゃん用のベビーソープという石鹸があります。

 

この赤ちゃん用ベビーソープには何とアボガドオイルが含まれています。

 

シャボン玉石けんのベビーソープとアボガドオイル

 

アボガドオイルも配合

アボガドオイルと言えば肌に馴染みやすく、保湿効果も高い美容成分ですが、なぜ赤ちゃん用のベビーソープにアボガドオイルを入れているかと言うと、敏感な赤ちゃんの肌への刺激性を低くし、肌に馴染みやすいのでゴシゴシこする必要もなくし、マイルドに洗い上げる事を目指しているからです。

 

本当の無添加で、さらに肌への刺激性の低いアボガドオイルとなれば確かに赤ちゃんに良さそうなのですが、実はアトピーやアレルギーを持っている人や、敏感肌や乾燥肌の大人の顔用として多くの大人に愛用者が多い石鹸なのです。

 

ニキビができた時の洗顔で最も基本的な事は、ニキビに刺激を与えない事です。

 

この点を考えるとシャボン玉石けんのベビーソープは問題ありません。

 

石鹸本来の洗浄力で低刺激

この他に顎ニキビに良さそうな成分はあまり入っていませんが、顎ニキビの洗顔でシャボン玉石けんのベビーソープをオススメするのはこの部分で、つまりはニキビに刺激を与えず石鹸本来の洗浄力で汚れを落とし、その割に保湿効果も高いという事になります。

 

本当は化粧が肌に良くない事は誰もが感じていて、自然のままが一番肌には良いと思っている様に、石鹸も本来の石鹸のままで余計な成分はいれない自然なものが良いのでは?という提案です。

 

 

シャボン玉石鹸が顎ニキビに効いたという口コミもある

シャボン玉石鹸ベビーソープの口コミを見ると、アトピーや敏感肌の子供に使っているという口コミがもちろん多いですが中には顎ニキビ(大人ニキビ)が消えたという口コミもあります。

 

シャボン玉石鹸ベビーソープを大人が使っているパターンでは、子供に全身洗浄用として使い大人は洗顔だけに使用しているという口コミが多く、家族皆で使うのであれば効率的で節約的な使い方と言えるでしょう。

 

 

子供は全身(足から頭まで)に、大人は洗顔だけと家族みんなで使うようになりました。大人でも顔にしっとり感がでると評判が良いです。

 

主婦で40歳を過ぎていますが、自分で使っています。ベビーソープを使い始めてから肌が乾燥する事が減りました。今では風呂上がりの保湿クリームを塗らなくても大丈夫です。

 

娘の湿疹のタメに購入し一週間ほどですべすべ肌に戻りましたが、私が使っても肌の調子がよく大人にきびがほぼ治りました。臭いもほぼないのでつわりの方や強い臭いが苦手な方にもオススメできます。

 

シャボン玉石けんのベビーソープの詳細と購入方法

シャボン玉石けん ベビーソープ

ではシャボン玉石けんのベビーソープを詳しく見ていきましょう。

 

と言っても、本当に無添加なので純粋な石鹸にアボガドオイル配合という事につきます。

 

  • 容量:100g
  • 全成分:石ケン素地

 

 

アボガドオイルは良質な脂質を含むので、よく「森のバター」「バターフルーツ」などと呼ばれますが、この脂肪分は不飽和脂肪酸です。

 

アボガドオイルはビタミンE

脂分であればニキビに悪そうな感じも受けますが健全な肌状態とは水分と脂分がほどよく存在している状態の事なので、洗顔により脂分を落としすぎるのも良くありませんし、アボガドオイルに含まれる脂分は善玉脂質と呼ばれる人の肌の脂分に近い脂質なので馴染みもよく、ビタミンEも多く含まれています。

 

ビタミンEはニキビケア用品によく含まれる成分ですが、成分表にこれらの成分が記載されていないのは、全てアボガドオイルに含まれている成分だからです。

 

シャボン玉石けんのベビーソープは、肌に刺激を与える成分を一切排除した石鹸で洗顔でき、自然(植物)由来の成分で保湿効果も高いという事につきます。

 

いままで色々な石鹸を試したけどイマイチだった人や、敏感肌の人にもオススメで、敏感肌で乾燥肌という人の洗顔に特にオススメですが、そういう肌状態の人の多くは顎ニキビができる人と言う事もできます。

 

何しろ赤ちゃん用に作られた石鹸ですから、肌に優しいのは誰でもわかると思います。

 

シャボン玉石鹸ベビーソープの購入方法

赤ちゃん用のシャボン玉石けんベビーソープを顎ニキビに使うという裏技的な使い方を紹介しましたが、このベビーソープは固形タイプ(100g)の他に泡タイプ(400ml)もあり、使い勝手によって使いやすい方を選ぶ事もできます。

 

 

シャボン玉石けんの赤ちゃん用ベビーソープ(固形)

シャボン玉石けんの赤ちゃん用ベビーソープ(泡タイプ)


 

シャボン玉石けんのベビーソープは、公式ページでしか買えないベビーシリーズ特別セットの中にも含まれていますが、ページの下の方から石鹸だけの単品購入をする事ができます。

 

固形タイプの値段は324円(税込)。泡タイプは918円(税込)で泡タイプは詰め替え用も用意されています。

 

シャボン玉石けん ベビーソープ 種類

 

赤ちゃんに良い石鹸なので、敏感肌や乾燥肌の大人にも良く家族全員で使うことができる石鹸です。

 

【公式】シャボン玉石けんベビーソープの特別セットを見る