リプロスキンの化粧水の種類とニキビとの関係

リプロスキンの化粧水

 

ニキビ跡でおなじみのピカイチのリプロスキンには化粧水の種類が3つあります。

 

この3つの種類とニキビ・ニキビ跡との関係や、どのように使い分ければよ良いのか知っておくと、より効果的にニキビケアができるでしょう。

 

でも、いずれの化粧水を使っても、リプロスキンでクレーターが治るという事ではないのでクレーターのケアをしたいと言う人は、病院やクリニックに行くことをおすすめします。

 

ただ、クレーターの場合はレーザー治療を行わなければほぼ治らないと言えますが、多少の凸凹ならリプロスキンにも可能性は残されています。

 


リプロスキン ベースローション

リプロスキン

 

リプロスキンの化粧水といえば、リプロスキンローションが代表的な化粧水で、ラインで言えばベース(BASE)ラインになります。

 

リプロスキンの成分

 

リプロスキンベースローションの有効成分は、水溶性プラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムは他の化粧水にも入っているので、リプロスキンのベースローションは水溶性プラセンタがメインになっています。

 

プラセンタという事は、リプロスキンのベースローションが狙っているのは、肌に潤いをあたえ新しい肌を作り出すターンオーバーを促進する事により、肌が持っている保護能力を高める事によりニキビに対応するという事ができます。

 

もちろんその他の成分も豊富に入っていますが、ここではリプロスキンの化粧水の違いを見るので、有効成分に注目していきます。

 

リプロスキンの紹介ページに肌を柔らかくすると書かれているのも、プラセンタによる保湿と新しい肌の生成によるものだと言うことになります。

 

またリプロスキンでクレーターのケアは不可能だと最初に書きましたが、このベースローションだと新しい肌を作り出す手助けができるので、多少の凸凹は新しく出来た皮膚細胞でケアできる可能性はあります。

 

 

 


リプロスキンACクリアローション

リプロスキンacクリアローション

 

リプロスキン ACクリアローションはラインで言うとライト(LIGHT)ラインの化粧水です。

 

リプロスキンacクリアローションの成分

 

リプロスキンACクリアローションの有効成分は、サリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは他の化粧水にも共通して入っている成分なので、注目すべきはサリチル酸です。

 

サリチル酸はピーリング効果があります。

 

つまりリプロスキンACクリアローションは、肌の表面を薄く溶かすピーリング作用によりニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムを素早く炎症部に届かせる事に力を入れていると言えます。

 

ACクリアローションの商品ページに赤ニキビにと書かれているのは、ピーリングにより炎症しているニキビに成分が早く届くからという事になります。


リプロスキン モイスチャーローション

リプロスキンacクリアローションの成分

 

リプロスキン モイスチャーローションはラインで言うとリッチ(RICH)ラインの化粧水です。

 

リプロスキンモイスチャーローションの成分

 

リプロスキン モイスチャーローションの有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

トラネキサム酸は美白に効果的な成分で、シミのケアに良く利用されます。

 

ここからわかるのは、ニキビの炎症をおさえながらシミやニキビ跡の黒ずみを集中的に美白化させる事を狙っていると言えます。

 

ちなみに、当サイトで取り上げているニキビ跡の美容液ベルブランも同じ有効成分になっています。


リプロスキンをニキビの種類で選ぶ

この3つの化粧水が狙っている事をまとめると次のようになります。

 

  1. リプロスキン ベースローション:肌全体の潤いとターンオーバーを促進させる。
  2. リプロスキン ACクリアローション:ピーリングにより炎症部分に素早く成分が届く。
  3. リプロスキン モイスチャーローション:黒ずみの美白化に力を入れている。

 

ではニキビの症状に対してはどれを使えば良いのか考えると次の用になります。

 

  • ベースローション:ニキビ全体をケアしながら新しくできる肌で凸凹のケアも期待できる。
  • ACクリアローション:赤ニキビの炎症を早くおさえたい。
  • モイスチャーローション:ニキビ跡の黒ずみケア。

 

ただ、ACクリアローションはピーリング作用があるので思春期ニキビには良いと思いますが、大人ニキビには肌を痛める可能性もあるのでおすすめしません。

 

この他、リプロスキンを販売するピカイチの公式サイト以外で、リプロスキンevo1という化粧水が比較的安く販売されている事があります。

 

ただ、evo1は旧バージョンのリプロスキンで、今のバージョンのリプロスキンより肌への浸透力が落ちるので、こちらもあまりオススメしません。

 

さらに旧バージョンで商品が古く、使用期限の問題もあると言えるので、evo1を購入するならそれを承知で購入する必要があります。

 

これを考えるとリプロスキンをお得に購入するならやはり返金保証も有る、公式の定期コースという事になります。

 

【公式】初回2,240円の定期コースのページ