メディユースのアクネル化粧水と美容液

メディユース アクネル ローション 美容液

 

 

メディユースアクネルシリーズの化粧水と美容液は、顎ニキビに新しい効果を生み出す可能性が大きいです。

 

それはこれまで無かった成分で顎ニキビにアプローチしているからです。

 

化粧水はアクネクリアローション、美容液はAZセラムとして販売されていますが注目すべきはその成分「アゼライン酸」です。

 

アクネクリアローションは保水性が高く、顎ニキビだけでなく肌荒れやニキビ跡にも良い化粧水で、AZセラムは注目の成分アゼライン酸を含んだ美容液です。

 

まずはそれぞれの成分を見ていきます。


アクネル アクネクリアローションの成分

メディユースのアクネル アクネクリアローションの成分は次の様になっています。

 

有効成分 その他の成分
トラネキサム酸 精製水
グリチルリチン酸ジカリウム 濃グリセリン
  ポリオキシエチレンメチルグルコシド
  1,2-ペンタンジオール
  テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル
  D-パントテニルアルコール
  天然ビタミンE
  パルミチン酸レチノール
  ヒアルロン酸ナトリウム液
  水溶性コラーゲン液(3)
  植物性スクワラン
  クインスシードエキス
  クエン酸
  クエン酸ナトリウム
  モノラウリン酸ポリグリセリル
  グリセリン
  モノオレイン酸ポリグリセリル
  大豆リン脂質
  コメヌカ油
  コメヌカスフィンゴ糖脂質
  ダイズエキス
  1,3-ブチレングリコール
  プルーン酵素分解物
  フェノキシエタノール

 

有効成分に顎ニキビに定番のグリチルリチン酸ジカリウムを含み、ニキビケアの基本は押えています。

 

さらにビタミンEの他、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルも含まれています。

 

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルとは、脂溶性のビタミンC誘導体で油溶性とも言われ肌とのなじみが良いビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性があり、文字どうり水に溶けるか油にとけるかの違いがありますが、アクネルのアクネクリアローションに含まれる油溶性のビタミンC誘導体は、水溶性の「刺激がある」「持続性が少ない」といった点をカバーし、皮脂に溶けやすいので肌のバリアに馴染みがよく浸透しやすいという言う特徴があります。

 

油溶性のビタミンC誘導体は水溶性に比べ約30倍の吸収力を持ち、皮膚へ浸透すると40時間以上作用すると言われ(水溶性は12時間と言われています)顎ニキビ以外にも美白・活性酸素消去・コラーゲン生成促進成分として有名です。

 

顎ニキビケアの化粧水で水溶性ではなく油溶性のビタミンC誘導体を使うというのも、顎ニキビへの本気度が感じらます。

アクネル AZセラムの成分

一方、美容液のアクネルAZセラムの成分はどうでしょう。

 

注目成分 成分
アゼライン酸
  エタノール
  BG
  グリセリン
  ティーツリー油
  ナイアシンアミド
  3-O-エチルアスコルビン酸
  (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
  オリーブ葉エキス
  キハダ樹皮エキス
  ルイボスエキス
  トコフェロール
  グリチルリチン酸2K
  サッカロミセス溶解質エキス
  ココイルアルギニンエチルPCA
  クエン酸
  クエン酸Na
  サリチル酸
  キサンタンガム
  水添レシチン
  水酸化レシチン
  PEG-60水添ヒマシ油
  フェノキシエタノール
  クオタニウム-73

 

 

注目成分はアゼライン酸です。
アゼライン酸の効果は

 

肌(スポッツ)をなめらかにする

皮脂の分泌を整える

角質を柔らかくする

日焼けした肌を整える

メラニンの発生を抑える

 

 

アゼライン酸はメラニンの発生を抑えるので、海外では元々美白剤として使用されていましたが、古くなった角質による毛穴のつまりや、ニキビの原因アクネ菌も殺菌する効果が発見されたタメ、海外ではニキビ用医薬品として皮膚科などで販売もされています。

 

ニキビ治療で皮膚科に行くと良くレチノイン酸が処方されます。レチノイン酸と言うとちょっと聞きなれないですが、レチノイン酸の代表薬がディフェリンゲル。成分で言うとアダパレンと聞けば日本でもおなじみの成分かと思います。海外ではそのレチノイン酸の次に推奨されている成分がアゼライン酸です。

 

この他、美白効果から酒さ治療にも使われる成分も入り、これまでに無かった顎ニキビケア用品になっています。

 

 

またこの美容液AZセラムにもグリチルリチン酸2K(ジカリウム)が含まれ、顎ニキビケアの基本は押えています。

 

さらに

 

3-O-エチルアスコルビン酸

これはVCエチルと呼ばれる即効性のあるビタミンC誘導体で、メラニンに直接作用します。

 

この成分は厚生労働省で認められている美白成分で、昔は資生堂の化粧品でしか使われていなかったそうです。

 

 

ナイアシンアミド

ビタミンB3の事で、保湿性に優れ角質のバリア機能に欠かせない成分。この成分も厚生労働省で認められている美白成分です。

 

トコフェロール

ビタミンEの事で、これまたニキビや美白に欠かせない成分です。

 

(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K

これもビタミンC誘導体で水溶性と油溶性の両方の性質を持ち、EPCやEPC-Kと呼ばれたりします。

 

この成分はビタミンCとビタミンEを結合させた成分なので、ニキビに有効なのは言うまでもありません。

 

もう一つ見ておきたいのが

 

サルチル酸

サルチル酸は角質を柔らかくするので、他の成分を肌に浸透しやすくします。
皮膚科ではピーリング剤としても使用されるほどで、ピーリングと言えば注目成分のアゼライン酸も軽いピーリング効果があります。

 

ピーリングと言っても皮膚を柔らかくするというイメージで良いでしょう。

 

この他にも一つ一つの成分を見ていけば、顎ニキビケアを行いながら美白ケアも行えるかなり強力な美容液になっている事がわかります。

 

 

メディユースのアクネルで最強のニキビケア

さて、化粧水のアクネクリアローションと美容液のAZセラムの成分を見てわかったのは、海外でニキビ治療に使われるアゼライン酸という日本国内のニキビケア用品では使われていなかった成分で顎ニキビにアプローチし、豊富なビタミンC誘導体を使っている事です。

 

ビタミンCが肌に良い事は誰でも知っていることで、ビタミンCはコラーゲンの生成・ターンオーバーの促進・毛穴の引き締めと洗浄などニキビに良い事も知られています。

 

これは大人ニキビの顎ニキビというより、顎ニキビから思春期ニキビまで、全てのニキビに効果的だという事が想像できます。

 

医薬品としても使われる成分でニキビケアを行いながら、美白ケアも行えるとなるとかなり気になってきた人も多いと思いますが、冷静に考えれば、そんな化粧水と美容液であればそれなりの値段ではないかと思う人が多いハズです。

 

そもそも普通の美容液であってもそれなりの値段はするもので、それならあえてAZセラムを選ぶ意味があるのか?と思うかもしれません。

 

では一体いくらするのでしょう?気になるお値段は

 

アクネクリアローションは2,980円(税込)

AZセラムは4,400円(税込)です。

 

これだけの成分であれば両方使いたい所で、両方合わせると合計7.380円(税込)です。

 

単品で見てもまぁ妥当な価格と言えます。

 

でもこれらをセットで定期購入にすると初回は2,912円(税込)2回目からが5,824円(税込)と大幅に価格が安くなる事を知っている人はいるでしょうか。

 

メディユース アクネル ローション 美容液 通販

 

この価格なら、通常のニキビケア用品の値段とほぼ変わりはなく、良くあるオールインワンジェルではなく化粧水と美容液のセットでこの価格です。

 

しかもセットで購入の場合、初回と5回目15回目に毛穴洗浄石鹸(80g)が無料で付いてきます。

 

この石鹸は同じくメデュユースのパールホワイトスキンソープで、通常なら1,600円(税込)の石鹸ですが、この石鹸にもグリチルリチン酸が含まれ、まさにニキビ向け。

 

この他、AHAフルーツ酸で皮膚を柔らかくしヒアルロン酸、ユキノシタエキスで保湿と美白効果を狙っています。

 

化粧水・美容液・石鹸がセットになっているので、あれこれ悩む必要もないしニキビに悩む人にまさに最強のセットと言えます。

 

顎ニキビや思春期ニキビでこれまで何をやってもニキビが治らなかった、一度は治っても繰り返してニキビができるという人にかなりオススメで、この内容であればニキビが治った後もニキビ予防や美白ケアとして使用できます。

 

医療的な成分が多いので、むしろ通常の美白ケア用品より成分は良いかも知れません。

 

 

【公式】初回2,912円のアクネル化粧水・美容液・石鹸セットを詳しく見る

 

 

顎ニキビ化粧水&美容液セットのランキングを見てみる