メディアクネとニキビ

メディアクネを美容クリニックが推奨

 

 

メディアクネ(medi acne)のニキビの炎症をおさえる作用は他の商品と比べると強力です。

 

顎ニキビ用のオールインワンジェルやクリームでは同じ様な商品はありませんが、それはちょっと変わっているからとか、新成分が配合されたからというワケではありません。

 

メディアクネは効果の認められた成分だけを有効成分にし、ニキビの炎症をおさえる効果は医薬品以外では最強といえますが、考えてみれば今までこの様な商品が無かったのが不思議なくらいの商品になっています。

 

またニキビケア商品に美容系の医師が監修する事はありますが、推奨する事はあまりありません。

 

メディアクネは銀座国際美容外科の医師ととOASISメディカルクリニック原宿が推奨していますが、その理由は効果が認められている定番の成分を使うメディアクネの様な商品が他にはあまり無いからでしょう。

 

*女性皮膚科医が監修したものにバジーフロンゲルクリームがあります。
バジーフロンゲルクリームの顎ニキビへの効果や口コミをチェック

 


注目の成分はグリチルレチン酸ステアリル

メディアクネの成分は次の様になっています。

 

有効成分 その他の成分
トラネキサム酸 精製水
グリチルレチン酸ステアリル カルボキシビニルポリマー
1,3−ブチレングリコール
濃グリセリン
1,2−ペンタンジオール
セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール
アラキルグルコシド
アラキルアルコール
ベヘニルアルコール
トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル
コメヌカ油
ユキノシタエキス
ボタンエキス
カッコンエキス
クロレラエキス
アロエエキス(2)
メチルポリシロキサン
天然ビタミン E
ポリ アクリル酸アミド
軽質流動イソパラフィン
ポリオキシエチレンラウリルエーテル
フェノキシエタノール

 

メディアクネのニキビへの有効成分はトラネキサム酸と、グリチルレチン酸ステアリルと他のニキビケア商品とはちょっと違い本格的です。

 

多くのニキビケア商品の有効成分は水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウム(2k)で、この組合せを当サイトではメルライン系と名付けています。

 

*メルラインは顎ニキビの定番的商品で、こちらのページで取り上げています。

 

メルラインが顎ニキビに人気の理由とAmazonではつかない特典の話

 

 

ニキビケアのオールインワンジェルやクリームの成分を比較すると、このメルライン系の商品は多いのでこれを知っておくとある商品を使ったけど効かなかったという時に、次の商品はメルライン系以外の物を使うという選び方もできます。

 

メルライン系の主なニキビケア商品は次の様なものです。

 

  • メルライン
  • ラシュレ
  • バジーフロンゲルクリーム
  • ピュアレーヌ

 

顎ニキビ化粧品のランキングページで各商品の有効成分が確認できます。

メディアクネの効果

グリチルリチン酸ジカリウムは炎症をおさえる成分としてニキビケア商品の定番成分ですが、メディアクネが有効成分として採用しているグリチルレチン酸ステアリルは、一般的に使われるグリチルリチン酸ジカリウムの2倍の効果があります。

 

これはグリチルリチン酸ジカリウムは水溶性で水分に溶け、グリチルレチン酸ステアリルは油溶性で脂に溶けるからです。

 

化粧品に使われるビタミンC誘導体にも水溶性と油溶性があり、油溶性のビタミンC誘導体は持続時間が長いのが特徴ですが、その分価格も高めになっています。

 

トラネキサム酸はシミ取りなどの美白成分としてその効果が認められていますが、炎症をおさえる効果もあります。

 

トラネキサム酸の効果

 

トラネキサム酸とニキビについて考えると、炎症をおさえニキビ跡のケアに有効と言えます。

 

メディアクネに似ている商品

トラネキサム酸を有効成分にしているニキビケア所商品といえばエクラシャルムとアユーラのニキビ用化粧水があります。

 

 

エクラシャルムとアユーラのニキビ用化粧水の有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムで、メディアクネにそっくりです。

 

しかしメディアクネは炎症をおさえるグリチルリチン酸ジカリウムの2倍の効果があるグリチルレチン酸ステアリルを使っているので、有効成分だけを見ればメディアクネの方が効果が高い事になります。

 

またその他の成分にあるカッコンエキス、クロレラエキス、アロエエキスは他のニキビケア商品にはあまり使われない成分です。

 

カッコンエキス

葛根湯でおなじみの葛根のエキスで、炎症や皮脂をおさえ肌細胞の生成にも作用します。

クロレラエキス

健康食品でおなじみのクロレラです。クロレラエキスは抗酸化作用があるほか、人間が元々持っている健康な状態にしようとする働きに役立つ事がわかっています。

アロエエキス

アロエには炎症をおさえる他に殺菌作用もあります。アロエは肌の美容成分として有名な成分ですが、世界三大美女のクレオパトラもアロエを化粧水として使っていたのは有名な話です。

 

 

メディアクネは炎症をおさえる事にかなり力を入れていますが、ニキビは毛穴が詰まり炎症を起こすことでできるので正解です。
炎症をおさえ赤みが取れてくるという事は、ニキビも治まってきた事になるからです。

 

 

また殺菌剤などの医薬品を使わない医薬部外品や化粧品では最も力をいれるべき事で、薬以外の市販品ではニキビに対し炎症をおさえ肌のターンオーバーを促進する事しか出来ないのが現状です。

 

この点メディアクネは炎症をおこし痛いニキビをまずは沈静化させる事にかなり力を入れているので、今スグニキビを治したい人や早急にニキビを治したい人が使うべき商品です。

 

メディアクネの商品ページには赤ニキビという言葉が多く使われているので、思春期ニキビ向き?と思いがちですが、大人になってできる大人にきび(顎ニキビ)も結局は炎症をおこし赤ニキビから始まるので同じことです。

 

メディアクネは思春期ニキビから大人ニキビまで効果が期待できる商品で、効果が認められているグリチルレチン酸ステアリルを有効成分にした医薬部外品です。

 

医薬部外品とは医薬品と化粧品の中間の商品の事です。

 

グリチルレチン酸ステアリルを使ったニキビケア商品は少ないですが、研究熱心な富士フィルムのルナメアACもこの成分を使っています。

 

 

顎ニキビで炎症をおこしていない白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まり炎症を起こす前の状態なので、その場合はメディアクネより洗顔と保湿に力を入れ、炎症しないようにする事が大切です。

 

*顎ニキビの洗顔料や洗顔石鹸についてはこちらのページにまとめています。

 

顎ニキビの洗顔料や石鹸のオススメ商品の一覧

使い方は洗顔後すぐ使うオールインワンジェルと同じ

メディアクネの使い方は気になる部分に塗るだけです。

 

メディアクネはクリームなので、化粧水や美容液の後に使ってしまいそうですがメディアクネの使い方は洗顔後スグに使い、その後化粧水や美容液です。

 

クリームといっても一般的な美容クリームのようにフタをして保湿効果を高めるという事ではなく、クリーム状になっているというだけなので、メディアクネはオールインワンジェルと同じと考えて良いでしょう。

 

メディアクネの内容量は30gで1ヶ月分です。

 

メディアクネの使い方

メディアクネの口コミ

メディアクネの口コミ

 

顎周りのニキビができにくくなりました。クリームというよりジェルの様なテクスチャーですよ。

 

口周りの白ニキビや頬の赤ニキビにも塗ると治りが早いような気がします。

 

ニキビを隠す苦労から開放されうれしいです。ニキビがひいた後に残るニキビ跡もスグに薄くなってくるので悩んでいる人にオススメしたいです。

 

忙しくなるとよくニキビができていましたが、メディアクネを使ってからニキビ肌が治ってきました。無添加なので肌が弱い私でも続けて使ってます。

 

今まで色々なニキビ用化粧品を使いましたが、値段にあわずどれも今ひとつでした。メディアクネを知ってから使い続けていますが、これはなかなか良い感じです。

 

 

 

メディアクネの口コミは商品ページにもありますが、SNSにも投稿があります。

 

メディアクネのインスタの口コミ1

https://goo.gl/gdnmaa

 

メディアクネのインスタの口コミ2

https://goo.gl/fcVf7Z

 

メディアクネのインスタの口コミ3

https://goo.gl/41vpe2

 

メディアクネのインスタの口コミ4

https://goo.gl/SEJwmC


販売店は公式オンラインショップ

メディアクネは楽天やAmazonでは販売されておらずオンライン専用商品になっています。

 

このタメ、薬局やドラッグストアーなどの店舗がある販売店でも販売はされていません。

 

メディアクネの購入は公式サイトからになりますが、メディアクネのオンラインショップでは次の様な価格と販売方法になっています。

 

通常価格(税抜) ¥6,200(送料¥690)
定期購入初回価格(税抜) ¥1,980(初回のみ送料無料)
定期購入2回目〜の価格(税抜) ¥5,270
代金支払い方法 クレジットカード(手数料無料)、コンビニ後払い(手数料¥210)
定期購入の返金保証 30日以内であれば初回分の返金保証有り
定期購入の解約 5回目から解約可能
備考 使い方やお届け日の相談窓口有り(定期購入の場合)