顎ニキビ専用のバジーフロンゲルクリーム

バジーフロンゲルクリーム

 

 

バジーフロンゲルクリームは女性皮膚科医の「田宮エリー」先生が監修して作られた、顎ニキビ専用のジェルクリームです。

 

バジーフロンゲルクリームは、あご以外の部分にも使用できますがクリームなので油分がふくまれその場にとどまりやすいので、特に乾燥しやすい顎への使用がオススメされています。

 

顎ニキビの他にもニキビ跡や赤みにも効果的で、ローズの香りで発売前のモニターテストでも良い香りと評価が高いようです。
このあたりも女性の皮膚科医ならではなのかも知れません。

 

バジーフロンゲルクリームの販売元では、顎ニキビの3大原因を

 

雑菌の繁殖
肌サイクルの乱れ
インナードライ

 

 

ととらえ、その対策として次のことが大事だとしています。

 

肌荒れを防ぎ保湿する

肌サイクルを整える

肌のコンディションを保つ

 

 

では、顎ニキビにバジーフロンゲルクリームが効果的なのか知るタメにその成分を見ていきましょう。


メルラインを上回る成分

バジーフロンゲルクリームの効果を知るタメに成分を確認します。

 

【バジーフロンゲルクリームの成分表】

有効成分 その他の成分
水溶性プラセンタエキス ビサボロール
グリチルリチン酸2K 3-O- エチルアスコルビン酸
  米糠抽出物水解液A
  アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  加水分解ヒアルロン酸
  ヒアルロン酸Na-2
  水溶性コラーゲン液-4
  ステアロイルフィトスフィンゴシン
  トレハロース
  天然ビタミンE
  エチルヘキサン酸セチル
  トリメチルグリシン
  濃グリセリン
  キサンタンガム
  ステアリン酸POE(20)ソルビタン
  ジメチコン
  BG
  カルボキシビニルポリマー
  1,2−ペンタンジオール
  水酸化K
  フェノキシエタノール
  ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液
  水添大豆リン脂質
  香料

 

バジーフロンゲルクリームの成分はなんとメルラインとほぼ同じです。

 

そうなるとバジーフロンゲルクリームはメルラインと同じ効果なのか?という話になってきますが、もっと詳しく見ると同じ成分以外にバジーフロンゲルクリームにしか含まれていない成分と、メルラインにしか含まれていない成分があり、その成分は次の成分です。

 

メルラインにしか含まれていない成分

精製水

 

バジーフロンゲルクリームにしか含まれていない成分

ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

水添大豆リン脂質

 

バジーフロンゲルクリームとメルラインの成分の違いはたったコレだけで、あとは全て同じですがバジーフロンゲルクリームにしか含まれない成分が有り、バジーフロンゲルクリームはメルラインの成分追加版と言えそうで、顎ニキビにさらなる効果が期待できそうです。

 

 

またメルラインと同じ成分といえば、ラシュレがあります。

 

 

 

ラシュレもメルラインの全成分の他にさらに他の成分が含まれていますが、その中にはバジーフロンゲルクリームと同じ「ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液」と「水添大豆リン脂質」も含まれています。

 

このあたりの成分が最近の顎ニキビケアの流行りになっていきそうです。

 

 

バジーフロンゲルクリームの成分はメルラインの成分に、最近流行りの成分がプラスされたものと言う事ができます。

 

バジーフロンゲルクリームとラシュレの違いが気になる人は顎ニキビランキングのページがわかりやすいです。

口コミはまだ少ないのでメルラインを参考に

バジーフロンゲルクリームの口コミです。

 

30歳を過ぎてから、急にあごニキビが目立つようになりました。
焦りとともに色んなニキビケア化粧品を試してみましたが・・・
2週間後、鏡で確認してみると、気になっていた赤みやボツボツが目立たなくなっていたんです。

 

バジーフロンゲルクリーム 口コミ 30代

 

 

生理前に必ずといっていいほど、フェイスラインがひどく荒れます。
早速使用して荒れたフェイスラインが少し落ち着いたような。
生理前、またあの悪夢がやってくる!とヒヤヒヤしていたのですが、その気配もなく驚きました。

 

繰り返す赤ニキビが落ち着いただけではありません。ニキビ跡までケアしてくれました。
メディカルクリームで古い角質が出やすくなったのでしょうか?
大人ニキビに悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひ一度は使用してほしいです。

 

バジーフロンゲルクリーム 口コミ 繰り返すニキビ

 

 

バジーフロンゲルクリームの口コミを色々と知りたいと思う人も多いと思いますが、バジーフロンゲルクリームは最近発売されたばかりなので口コミもまだ少ないです。

 

評判や宣伝が広まるにつれ口コミも増えてくるでしょう。

 

しかし、バジーフロンゲルクリームの成分はメルラインとほぼ同じなので、バジーフロンゲルクリームの口コミを知りたければメルラインの口コミも参考になるかも知れません。

販売店は公式販売のみ

バジーフロンゲルクリームは楽天やアマゾン(Amazon)などの通販で販売している販売店はまだ無いようなので、通販最安値の販売店を探そうと思っても比較しようがありません。

 

ドラッグストアーなどの販売店でも店舗販売はされていないので、バジーフロンゲルクリームをお試しで使って見たいと思い市販されていないか探しても見つける事はできません。

 

バジーフロンゲルクリームの購入先は公式サイトからの通販のみで、値段は定期購入だと初回が1,980円(税別)、2回目からは4,980円(税別)になっていて、皮膚科医が監修していると言っても一般的な顎ニキビケア用品の値段になっていて、購入しやすくなっています。

 

バジーフロンゲルクリームの値段

 

 

バジーフロンゲルクリームを販売しているメーカーはヴァーチュ(virtue)で、「天然成分」「オーガニック」「植物の香り」にこだわり、スーパーフードのスムージーなども販売しています。

 

ヴァーチェではこの他にもボディーミルク・ハンドクリーム・美容液ネイルなどのLIRETYブランド。

 

ミスト化粧水のDramaticaなどのブランドも展開していますが、顎ニキビ専用のバジーフロンゲルクリームは「イーデナチュラ」ブランドから販売されています。

 

≫【公式】イーデナチュラ バジーフロンゲルクリームのページはこちら

 

 

顎ニキビ化粧品のランキングを見る